動物園では水辺で食べ物を洗う姿が可愛らしいと人気を集めているアライグマはご存知でしょうか。

昔のアニメでは題材に使われたり、今でもグッズを生産されていたりなど、その人気は衰えるところを知りません。

しかし、そんな可愛らしい姿とは裏腹に、アライグマは気性が荒く凶暴なことを知っている方は少ないのではないでしょうか。

気性の荒いアライグマをもしもペットにしたとき、どんな餌を与えたらいいのか、まとめてみたいと思います。

アライグマをペットにしたい

可愛らしい姿をしているアライグマ、そんなアライグマをペットにしたいと考えている人は少なくないはずです。

しかし、現在の日本ではアライグマをペットにすることは禁止されています。

もちろん、保護することも、譲り受けることも禁止です。

平成16年の6月に「特定外来生物による生態系などに係る被害の防止に関する法律」という法律の中に、「特定外来生物」としてアライグマが載りました。

人に危害を加えたり、生態系に悪影響を及ぼすこと、農産物や畜産物に大きな被害をもたらす生物だとして、登録されました。

今では、アライグマを飼える条件として、学術研究、教育、展示などの目的で、大臣の許可を得れれば飼うことが可能になります。

ただし、ペットとして飼うこと、販売することが禁止されています。

スポンサードリンク

アライグマの餌は

アライグマは雑食の動物なので、大抵のものを食べます。

昔、1頭あたり5万円ほどで販売されていたときは、家では果物やドッグフードを与えていました。

野生のアライグマは、非常に幅広い食性を示し、爬虫類や両生類、魚類、鳥類、哺乳類、昆虫類、甲殻類、無脊椎動物、植物などを食べています。

水生生物の中では、特にザリガニを好んで食べるようです。

具体的にまとめると、爬虫類ではまれに蛇やトカゲを捕食し、両生類ではサンショウウオ、カエル。昆虫や無脊椎動物は甲虫、トンボやバッタ、ハチやアリ、ミミズ、カタツムリなどがいます。

魚類ではナマズ、コイ、パイク、マス、ブラックバスを好んで食します。

人の居住区では、生ごみを漁って食べることが多く、スナック菓子やマヨネーズ、揚げパンなどの人間の食べるものも好物として挙がっています。

まとめ

アライグマは雑食性で、なんでも食べる性質を持つせいか、人の住んでいる地域でも食べ物に困ることはなく、過ごすことができます。

人が与えなくとも、生ごみなどを漁っては食べ物を摂取し、栄養として生きています。

不用意に餌を与えてしまうと、繁殖力が倍増し数も増えてしまう可能性もあるので、餌を与えてはなりません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク