あの名作アニメにも登場した、愛くるしい姿のアライグマ。

特に子どものアライグマは何頭も集まってじゃれていたり、ちょっと頼りない様子は見ていて癒されますね。

そんなアライグマは、東京やその周辺のどこの動物園で見られるのか紹介します。

アライグマ 東京 動物園

井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)

現在、東京都内でアライグマを飼育しているのは井の頭自然文化園のみです。

1942年開園の歴史の古い動物園です。

井の頭恩賜公園の約3分の1を占めており、動物園の他に水生物園、資料館、彫刻館から成り、合わせて約200種類の動物を飼育しています。

アジアゾウの「はな子」がいた場所としても有名です。

放し飼いのリスたちや、モルモットと触れ合えるコーナーも見どころです。

スポンサードリンク

東武動物公園(埼玉県白岡市)

動物園の他に、遊園地やプールも楽しめるレジャーランドです。

動物園では、ホワイトタイガー、レッサーパンダ、リスやサル、オットセイやペンギンも見ることができます。

ポニーの乗馬やワオキツネザルの餌やりなど子どもたちも楽しめる体験型施設も充実しています。

ガチョウたちの園内お散歩や動物たちのパレードなど楽しいイベントも開催しており、近くで写真を撮ることもできます。

平塚市総合公園ふれあい動物園(神奈川県平塚市)

平塚市総合公園は、広大な敷地の中に子どもたちの遊び場、水遊び場、球場や体育館などのスポーツ施設、宿泊施設やレストランなどが集約された総合的な公園です。

その一部にふれあい動物園が含まれ、アライグマも見ることができます

展示コーナーとふれあいコーナーは無料で楽しむことができます。

展示コーナーではリスザルやシマリス、鳥類を見ることができます。

前述の動物園に比べると小ぢんまりとしていますが、ふれあい動物園の他にも様々な施設がありますので合わせて立ち寄ってみてください。

ポニーの乗馬も有料で楽しめます。

まとめ

アライグマの他にも、魅力的な見どころが盛りだくさんですね。

全国各地の動物園でもアライグマを飼育していますので、周辺の動物園を調べてみてはいかがでしょうか。

動物園ではなく、野生化しているアライグマを見かけることがあるかもしれませんが、決して餌付けをしたり触ったりしないようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク